スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ちょっと早い端午の節句のお祝い!//中国編
2010 / 06 / 14 ( Mon )

こんにちは、アルのママでございます 足跡


雨が降りそうで降らない、ものすごーく蒸し暑い日が続く広東省です。


さて、来る6月16日(水)は旧暦の5月5日にあたる<端午の節句>になります。日本では<子供の日>になりますが、中国では違った意味合いを持っていて、家族みんなでお祝いする行事になっているようです。


もともと、楚(そ)の国の偉大な政治家であり、詩人でもあった屈原(くつげん)さん(←私は存じ上げませんでしたが・・・汗)の供養のために毎年命日(5月5日)を祭ることから始まり、国の安泰を祈願し、病気や災厄をさける為の風習に変わってきたようです。 


*興味のある方はこちらを覗いてみてくださいね!→ 端午の節句 その由来といわれ~  


中国生まれアルよ-中国生まれアルよ ダルメシアン

という事で・・・、端午の節句には少し早いのですが、仲良くして頂いている中国語の先生(現在は習ってませんが・・・)のおウチにご招待頂いたので、(腹ペコにして!)お邪魔させて頂きました音譜(アルは残念!お留守番でーす。)



まず、バスに乗って、先生宅へ・・・。
こちらバスは、冷房付きなので、2.5元(約35円)です。

この時期、冷房バスでないとかなり辛いのですが、1.5元(約20円)の窓開け冷房無しバスの方が、人気らしいです。 理由は安いから・・・ショック!
中国生まれアルよ 中国生まれアルよ


いつもの事なのですが、先生のご主人がご馳走を全て作って下さいましたクラッカー
(ご主人は<料理は自分の仕事だ!>と思っていらっしゃる方です。)

ちなみに、前回先生宅にお邪魔したときに、日本人男性と結婚された中国人女性とお話したのですが、コーヒー一杯さえも自分で煎れてくれないの・・・とカルチャーショック?!を受けてました、笑。

中国生まれアルよ

家族、親戚、仲良しのお友達で、ワイワイガヤガヤ、昼間からおビール!頂いて、お土産に棗(ナツメ)入りのチマキと咸?蛋(塩漬けされた鴨の卵)を頂きました。
中国生まれアルよ 中国生まれアルよ
(端午の節句では、チマキの他に、この咸?蛋も贈るのも風習のようです)


先生のお子ちゃん、安琪(アンチー、中国語で天使天使の羽の意味)も、もうすぐ一歳
中国生まれアルよ
ハルビン出身のご主人に似て、美白です!
(誰ですかー、マルコメって言った方?涼しくて良いんですよ~ん♪)

お料理は全てとっても美味しく、楽しく過ごさせて頂きました。

それから、いつも私がブログにお邪魔している<愛犬と上海生活> のhillaryさんがチマキを手作りされた様子を詳しくアップされているので、是非ご覧下さいませ!


わんわんわんわんわんわん

さて、昨日のアルです。

以前は気にも留めなかったのに、最近は木(枝かな?)がお気に入りになってしまって
見つけては、ガシガシ食べてしまいます・・・。

(最近ブログの写真に多いですよね・・・笑)
中国生まれアルよ-中国生まれアルよ ダルメシアン

こちらの草地には、桜の花は咲かないのに(広東省は温暖すぎて育たないようです・・・)、
申しわけ程度に葉っぱを付けた小さな桜の木が幾つかあります。

中国生まれアルよ-中国生まれアルよ ダルメシアン

アルが見つけて来るのは、いつもその桜の木のようで、そんなに美味しいのかなぁ・・・。
アルを放置しておくと、全部食べてしまいそうですあせる

中国生まれアルよ-中国生まれアルよ ダルメシアン

その枝を使って、レトリーブしたり誤魔化そう?!としましたが、半分以上は食べてしまって・・・。
何か食事で不足している栄養素でもあるのかなぁ・・・と心配になります。

中国生まれアルよ-中国生まれアルよ ダルメシアン

(とりあえず)今朝のウ●チは問題なかったです・・・。 トホホ・・・。


って言うか、記事が長くてすみません。読んで下さって、ありがとうございました!

 コスモス *** ランキングに参加しています *** ハチ

いつも応援ありがとう御座います。↓ポチッと頂けると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
スポンサーサイト
21 : 50 : 59 | ダルメシアン アル 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。